柿渋TOPページ
無臭柿渋液
無臭柿渋液の販売
自然派塗料柿渋
自然派染料柿渋
和紙と柿渋
柿渋購入方法
お問い合わせ
個人情報保護
特別商取引法

健康塗料の柿渋

柿渋と健康

健康塗料として自然素材の柿渋が注目されています。
柿渋は古来より防腐剤、補強材として木に塗って使用されましたが化学物質を一切使用しませんので、地球環境と人に優しい健康塗料として、今又注目を集めております。
又、最近ではホルムアルデヒドの吸着性も実証されておりますので、健康素材の自然素材の内装材として人気があります。
特に無臭柿渋柿多冨(カキタフ)は全く臭いがありませんので大変使い易いと好評を頂いております。

健康塗料柿渋の塗り方

@サンドペーパーを掛ける
木材の場合には柿渋を塗る前にサンドペーパーで素地を整えて下さい。
ペーパーは180番位の荒い物をお勧めします。
木の汚れやニス等の他の仕上げ剤が付着している場合には十分に綺麗に落としてから、柿渋を塗って下さい。
又、古材に使用する場合にも同様な処理が必要です。

A木目に沿って柿渋を塗る
柿渋は木目に沿って一定方向に塗って下さい。
刷毛は水性塗料用を使用して下さい。
刷毛は使用後直に水洗いして下さい。

B布でふき取る
柿渋を塗り終わると表面に気泡が出来たりムラがあったりしますので
均一になるように布で軽くふき取って下さい。

その後は自然乾燥。
日に当てるとより早く発色します。

健康塗料柿渋の使用量


材質によっても多少変りますが、
平均値としましてはカキタフ1Lで約10m2を塗ることが出来ます。
回数を重ねるごとに色は濃くなります。
又時間とともにゆっくり発色しますので、
連続して塗るよりも暫く時間を置いてから次回塗るようにして下さい
一般的には2〜3回塗りをお勧めします。
皆さんも一度エコ塗料・健康塗料の柿渋の良さを味わって下さい。

注意点


十分に乾燥固着する前に、水に濡れた状態で放置しないで下さい。
十二分に乾燥固着すれば、、水に溶け出すことはありません。
外装に使用する場合には環境によりましては耐久性に問題が生じる場合がありますので
あまりお勧め致しておりません。

柿渋 塗料
Copyright(C)2004-2010 SIZENCOLOR-CLUB All Rights Reserved 

自然色倶楽部