柿渋TOPページ
無臭柿渋液
無臭柿渋液の販売
自然派塗料柿渋
自然派染料柿渋
和紙と柿渋
柿渋購入方法
お問い合わせ
個人情報保護
特別商取引法
柿渋染めの染色方法

天然染料・エコ染料として柿渋染めが人気です。
特に無臭柿渋液柿多冨(カキタフ)はまったく臭いがありませんので、どこでも・だれでも・簡単に柿渋染めが楽しめます。
ここでは柿渋を使った手染めの染色方法について説明いたします。
柿渋の染色方法には、刷毛で塗る方法、浸し染、染料として使用する方法がありますが、柿渋染めは基本的には温度を上げる必用がありませんので、エネルギーを使用することなく、二酸化炭素を発生させません。
柿渋は地球環境に優しいエコ染料として注目されております。
1)刷毛で塗る柿渋染めの染色方法
@染める物を用意して下さい。
綿・麻などの天然繊維が適しています。
化学繊維は適していませんが、レーヨンは元が天然素材ですので染色可能です。 蛍光晒し、樹脂加工等の施してある物は不向きです。
又糊は落としてください。
浸透性を良くし、均一性が良くなりますので、生地は湿った状態にして下さい。 

A柿渋液をポリ容器などに移して下さい。
柿渋液は必用な量だけ容器に移すようにして下さい。     
柿渋は鉄に反応しますので、鉄製品は避けて下さい。
容器は使用後直に水洗いすれば簡単におちます。
斑無く染めたい方は、水で2〜3倍に薄め、染色回数も増やして下さい。

B柿渋液を刷毛で塗って下さい。
刷毛の描き方や重ね染で、色々な柄染も出来ます。
予めビニールシートなどを下に敷いてから行なってください。

C日に当てて干します。

柿渋は日に当てれば当てるほど色が色が出ますが、濡れた状態では斑になりやすいので、始めは陰干しをお勧めします。
又、ピンと張った状態で干して下さい。
その時に、洗濯ハサミの跡がつかない様に注意して下さい。
染める回数を重ねるごとに色は濃くなります。

D水洗いする。
水洗いすることにより柿渋の発色をうながしますし、風合いも柔らかくなりますので、できるだけ水洗いを行なって下さい。   

E媒染
基本的には柿渋染は媒染材を必用としませんが、色の変化等の目的で使用されます


2)浸し染めによる柿渋染めの染色方法
 刷毛染と重複する点に付いては省略します。
@染める物を用意します。
浸し染めは染色後の脱水、乾燥に手間が掛かります。
厚地の生地や長い生地を染色する場合には簡単にできませんので、素人の方にはお 勧め出来ません。
出来るだけ薄地のものを選び、必用な長さにカットされることをお勧めします。

A柿渋液を容器に移す。


B染色

斑無く染色したい方は柿渋液を水で2〜3倍に薄めてご使用ください。
水で薄めると一回あたりの発色は薄くなりますので、その分染色回数を増やしてください
又、染色回数で好みの色にして下さい。

C日に当てて干す
絞った跡がシワになりやすいので、十分にしわを伸ばして干して下さい。
又ピンと張って下さい。
弛みが斑になりますので、十分な注意が必要です。
逆に、素人の方には、斑染、シワ染をお勧めします。
D水洗い

その他、刷毛染を参考にして下さい。

Copyright(C)2004-2010 SIZENCOLOR-CLUB All Rights Reserved 

自然色倶楽部